鍵を失くした私が過ちを繰り返さないためにやっていること

私は現在20歳で、昨年の始めに実家のある街で成人式を行いました。この式には、小学校時代からこれまで全然会う機会が無かった人とも再開させてくれて、私をとても懐かしい気持ちにさせてくれました。
そういった「懐かしい面々」とは、久しぶりに会ったということでお互いの近況を報告し合いましたが、ある人は地元で就職し、またある人は私と同様、いわゆる「都会の大学」に進学していたりしまいた。

全体として言えるのは、結構多くの旧友が「何らかの形で独り立ち」していたこと。自分で部屋を契約してそこで自活している人が結構多く、小学校時代の友人が今では立派に一人で生活している話を聞くと、さすがに「時の流れ」を感じてしまいます。

さて、先の話の中で少し出た通り、私も現在一人暮らしをしている者の一人ですが、一度住んでいるマンションの鍵を失くしてしまったことがあるのです。
その日は大学のサークルの飲み会で相当ばたばたしていたのですが、その最中でどうも鞄の中に入れていた鍵を落としてしまった様子。どこを探しても結局、私のマンションの鍵は出てきませんでした。

鍵 なくした時の対処方法

その後、不動産屋に言って新しい鍵を貰いましたが、その手数料が何と5000円も掛かり、結構お財布にダメージが来たのを覚えています。
以来、もう二度と同じ過ちを繰り返さないため、私は新しくキーケースを購入し、そこに鍵をしっかりと入れ、かつ鞄にカラビナでくっ付けておくという管理方法を使っています。これならば流石に、二度と鍵を紛失してしまうことは防げると考えている私なのでした。
岩手県警察 落とし物情報 落とし物の検索

滋賀県警察 落とし物情報 落とし物の取り扱い

spacer