鍵を失くしたと思ったら意外な所に有った

鍵を失くしたと思ったら意外な所に有ったのです。このままいつまでも鍵を紛失したままの状態だとちょっと物騒なので心配していたのですが、見つかってひと安心をしました。

ところで、失くした物が後から見つかるというのは、私の場合鍵に限ったことではないのですが、実は他の物でもよくあることなのです。そのほとんどが置き忘れなのですが、今回の場合はとくに自宅の玄関の鍵なので悪用されないか?と随分心配をしていました。もちろん、例え道路に鍵が落ちていたという場合や、どこかに置き忘れていたという場合においても、その鍵が誰の鍵なのかということすら分からないので、悪用されるという確率は随分減ってしまうのかもしれませんね。ただし、今後同じような凡ミスがないとも限らないので、近日中に鍵の要らないカードキーや暗証番号を入力すれば鍵が解錠されるというような施錠システムに変更しようかと思っています。

そこで、鍵の要らない施錠システムについてネットで調べてみたのですが、随分といろんなタイプが既に出回っているようですね。例えば、ICカードを錠前に通すタイプや磁気カードタイプ、あるいは暗証番号を入力するタイプなどいろいろあるようですね。そうしたいろんなタイプの施錠システムの中でも、カードキータイプになるとカードキー自体を紛失したり落としたりする可能性もあるので、カードキータイプの場合にはこれまでの鍵がカードに変わるだけなのであまり意味がないようにも思うのです。

そこで今回私がとくに気になったのは、やはり暗証番号を入力する電子錠ですね。もちろん、既成の機械的な錠前にICカード機器を取り付けて、ドアの内側にあるサムターンをICカードで回してしまうという電気信号を送信するようなタイプもいいように思います。その場合、ICカードを失くす可能性が高いながらも取り付けが簡単なのです。既成の錠前を機械から電気錠に変更するだけですからね。

spacer